最近の鉄道は道路の渋滞緩和などを目的に、路線の一部を高架線化する工事を行うことが増えてきました。中にはただ高架線化するのではなく、複々線化して多くの鉄道を通す会社もあります。この高架線化工事も土木工事の中では比較的大変な方に分類されるでしょう。なぜなら最初に用地を取得するために買収を行う必要があるからです。

線路に面している住宅や商店などを買取り、それから片方を高架化し、さらに線路を設置します。片方の工事が終わったら線路の切り替えを行い、残りの片方も同じように工事していくのですが、複々線化する場合には倍の作業が必要になります。この工事によって渋滞緩和とダイヤの円滑化ができるので、社会インフラ整備の一環として、都心を中心にいろいろな会社が行っています。

特に最近は別会社の路線に直通する鉄道が多くなっているので、複数の鉄道が重なるエリアは複々線にしないと列車渋滞が発生してしまいます。また、踏切をなくすことで事故の発生を抑える効果もあるので、今後もどんどん進められていくでしょう。

こちらもご参考に:関連記事

  • 研究施設の工事2015-12-26 研究施設の工事 日本には研究施設も多数存在しているのですが、大半の研究施設は大規模なものになっています。そんな研究施設も土木工事業者が建設工事を行っているのですが、大規模工事ということもあり […]
  • 解体工事2015-12-24 解体工事 土木工事は道路工事や建物を建てる建設工事まで多数存在しているのですが、建物を建てる工事を行う業者もあれば、建物を解体する業者も存在しています。解体を専門に行う業者もありますし […]
  • 地下鉄工事2015-12-16 地下鉄工事 都心を中心に網の目のように走っている地下鉄ですが、最近は地下鉄と直通運転する路線が増えていますし、一般の鉄道路線の一部を地下化するという計画が持ち上がり、実際に工事を行ってい […]
  • 線路の撤去2015-12-14 線路の撤去 最近は地方を中心に廃線になる路線があるので、廃線になった路線の線路を撤去するという作業も必要になります。撤去された線路の部分には道路が通る場合もあります。地域によってはバス専 […]