土木工事は道路工事や建物を建てる建設工事まで多数存在しているのですが、建物を建てる工事を行う業者もあれば、建物を解体する業者も存在しています。解体を専門に行う業者もありますし、一般的な土木工事業者が解体工事を行っていることもあります。解体工事も社会インフラ整備を行う上では欠かせない作業なのです。

建物は古くなると倒壊の危険性がありますし、ずっと空き家になっている家も最近は増えています。このような古い建物を解体することで、周囲の安全を確保することができますし、新しい建物を建てることも可能になります。しかし、解体工事というのはかなり危険なので、安全面を特に重要視しないといけません。

この建物はどこから解体していけば安全なのか、どのように行うと危険なのかということを熟知しているベテランが監督を務め、他の作業員に指示を出しているのです。解体工事は短期間で済ませることも重要なので、スムーズな作業ができることも条件の1つだと言えるでしょう。

こちらもご参考に:関連記事

  • 研究施設の工事2015-12-26 研究施設の工事 日本には研究施設も多数存在しているのですが、大半の研究施設は大規模なものになっています。そんな研究施設も土木工事業者が建設工事を行っているのですが、大規模工事ということもあり […]
  • 舗装工事2015-12-22 舗装工事 道路工事を行う場合には、まず道路を通行止めにして、掘り起こす作業から行います。掘り起こした道路はまた元通りにしなければいけないため、必ず舗装作業を行うようになります。道路に亀 […]
  • 高架線工事2015-12-15 高架線工事 最近の鉄道は道路の渋滞緩和などを目的に、路線の一部を高架線化する工事を行うことが増えてきました。中にはただ高架線化するのではなく、複々線化して多くの鉄道を通す会社もあります。 […]
  • 線路の撤去2015-12-14 線路の撤去 最近は地方を中心に廃線になる路線があるので、廃線になった路線の線路を撤去するという作業も必要になります。撤去された線路の部分には道路が通る場合もあります。地域によってはバス専 […]